挿入歌ブログ

映画などの挿入歌を紹介

映画「ロケットマン」で流れる曲は?

Rocketman [12 inch Analog]

映画「ロケットマン」で流れる曲をシーンと一緒に紹介。

※ネタバレあり。

映画「ロケットマン」の挿入歌41曲

※以下、敬称略とする。

The Bitch Is Back / Taron Egerton & Matthew Illesley

タロン・エガートン演じるエルトン。

マシュー・イレズリー演じるヤング・レジー。

エルトンが子供時代を話し始めるシーン。

エルトンとヤング・レジーが歌う曲。

 

Les Patineurs / ???

ヤング・レジーがピアノを初めて弾くシーン。

ラジオから流れる曲。 

 

Lee / Stan Getz with Jimmy Raney & Terry Gibbs

スティーヴン・マッキントッシュ演じるエルトンの父親。

ヤング・レジーが父親に話しかけるシーン。

スタンリーがレコードで流す曲。

 

I Got A Feeling / Ricky Nelson

キット・コナー演じるオールド・レジー。

ブライス・ダラス・ハワード演じるエルトンの母親。

オールド・レジーが母親に

王立音楽院に通う相談をするシーン。

キッチンで流れている曲。 

 

Rondo Alla Turca / ???

教師(役者名不明)の前で、

オールド・レジーが初めてピアノを弾くシーン。

教師が弾いていた曲。

 

I Want Love / Kit Connor, Gemma Jones, Bryce Dallas Howard & Steven Mackintosh

ジェマ・ジョーンズ演じるエルトンの祖母。

オールド・レジーと両親、祖母が「愛が欲しい」と歌うシーン。

みんなが歌う曲。

 

Move It / Cliff Richard

トム・ベネット演じるフレッド。

母親とフレッドが車でいちゃついているのを

オールド・レジーが目撃するシーン。

車の中で流れている曲。

 

Blue Suede Shoes / Elvis Presley On The Television Program "Stage Show"

オールド・レジーが母親からレコードを

プレゼントされるシーンで流れる曲。 

 

Piano Quintet In A Major, D.667 (The Trout) / ???

リーゼント・スタイルにしたオールド・レジーが

王立音楽院でピアノの練習をするシーン。

オールド・レジー達が練習する曲。 

 

Streets Of Laredo (Instrumental) / Dave Hartley

パブ”ミート・ラッフル”でオールド・レジーが

最初にピアノで弾くのがこの曲か?

 

Saturday Night's Alright (For Fighting) / Taron Egerton & Kit Connor

オールド・レジーがパブで改めてピアノを弾き始めるシーン〜

エルトンがバンド”ブルーソロジー”のメンバーとして

パブでピアノを弾くシーン。

オールド・レジーとエルトンが歌う曲。

 

Breaking Down In The Walls Of Heartache / Jason Pennycooke & Alexia Khadime

エルトンが”アメリカン・ソウル・ツアー”で

バックバンドのメンバーとして活動するシーンで流れる曲。

劇中バージョンが見つからなかったので、

ここでは原曲を添付した。

 

Thank You For All Your Loving / Taron Egerton

自分が改名することをバンドのメンバーに

エルトンが話すシーンで流れる曲。 

 

Candle In The Wind (Instrumental) / Dave Hartley

チャーリー・ロウ演じるレイ。

エルトンがレイの前でピアノを弾くシーン。

エルトンがピアノで弾く曲。

 

Streets Of Laredo / Taron Egerton & Jamie Bell

ジェイミー・ベル演じるバーニー。

エルトンとバーニーが初めて

”リージェンシー・カフェ”で会話するシーン。

エルトンとバーニーが歌う曲。

劇中バージョンが見つからなかったので、

こちらを添付した。

 

Border Song / Taron Egerton

スティーヴン・グレアム演じるディック。

エルトンとバーニーがカフェから出てくるシーン〜

エルトンがディックに曲を披露するシーンで流れる曲。

 

Daniel / Taron Egerton

完成させた曲をエルトンがディックに披露するシーン。

披露する2曲目。

 

I Guess That's Why They Call It The Blues / Taron Egerton

完成させた曲をエルトンがディックに披露するシーン。

披露する3曲目。

 

Sad Songs (Say So Much) / Taron Egerton

完成させた曲をエルトンがディックに披露するシーン。

披露する4曲目。

 

Rock And Roll Madonna / Taron Egerton

・オフィリア・ラヴィボンド演じるアラベラ。

 エルトンとバーニーが

 アラベラの家に引っ越すシーンで流れる曲。

・酔っ払ったエルトンとバーニーが

 アラベラの家に帰るシーンで流れる曲。

 

Your Song / Taron Egerton

エルトンとバーニーがエルトンの実家に住み始め、

エルトンが作曲をするシーン。

エルトンがピアノを弾きながら歌う曲。

 

Amoreena / Taron Egerton

エルトンとバーニー達がアメリカに到着するシーンで流れる曲。

 

Screamin' / The Paul Butterfield Blues Band

ライブハウス”トルバドール”で

エルトン達が楽屋で出番を待つシーン。

ステージの方から聴こえてくる曲。

 

Crocodile Rock / Taron Egerton

エルトンがトルバドールで初めて曲を披露するシーン。

エルトンが歌う曲。 

 

Wild Women Don't Have The Blues / The Big Three

ママ・キャスの家のパーティで

エルトンとバーニーが会話するシーン。

家の中で流れている曲。

 

Tiny Dancer / Taron Egerton

パーティでエルトンが一人で過ごすシーン。

エルトンが歌う曲。

 

Take Me To The Pilot / Taron Egerton

リチャード・マッデン演じるジョン。

エルトンとジョンがベッドで一緒に過ごすシーンで流れる曲。

 

Hercules / Taron Egerton

エルトンがアメリカで注目され始めるシーンで流れる曲。

 

Don't Go Brealing My Heart / Taron Egerton & Rachel Muldoon

・レイチェル・モルドゥーン演じるキキ。

 エルトンとキキが曲を収録するシーン。

 二人が歌う曲。

・エンドロールで流れる2曲目。

 

Honky Cat / Taron Egerton & Richard Madden

リチャード・マッデン演じるジョン。

エルトンとジョンが豪遊するシーン。

エルトンとジョンが歌う曲。

 

Ermine And Pearls / ???

エンドロールに記載があり調べたが

この曲がどんな曲か見つけられず

シーンとの照らし合わせができなかった。

 

Pinball Wizard / Taron Egerton

ゲイであることを母親に打ち明けたエルトンが

ステージで演奏をするシーン。

エルトンがピアノを弾きながら歌う曲。 

 

Dazz / Brick

エルトンがオーバードーズをするシーン。

パーティが行われる家の中で流れている曲。

 

Rocket Man / Taron Egerton & Matthew Illesley

エルトンがプールの底に沈むシーン〜

ドジャースのユニフォームのような衣装を着たエルトンが

ステージで演奏をするシーン。

エルトンとヤング・レジーが歌う曲。

 

Bennie And The Jets / Taron Egerton

ドレスを着たエルトンがステージで演奏をするシーン。

エルトンが歌う曲。

 

Victim Of Love / Taron Egerton

セリンデ・シェーンメイカー演じるレナーテ。

スタジオでエルトンとレナーテが会話するシーン。

スタジオで流れる曲。 

 

Don't Let The Sun Go Down On Me / Taron Egerton & Celinde Schoemmaker

スタジオで一人で歌うエルトンを

レナーテが目撃するシーン〜

二人が結婚式を挙げるシーンで流れる曲。

エルトンとレナーテが歌う曲。

 

Sorry Seems To Be The Hardest Word / Taron Egerton

エルトンがレストランの中を歩き、

バーニーが待つ席に座るシーン。

エルトンが歌う曲。

 

Goodbye Yellow Brick Road / Taron Egerton & Jamie Bell

・エルトンを置いて、

 バーニーがレストランを出るシーン。

 バーニーが歌う曲。

・マディソン・スクエア・ガーデンの楽屋で

 エルトンが出番を待つシーン〜

 エルトンがタクシーに乗って

 リハビリ施設に向かうシーン。

 エルトンが歌う曲。

 

I'm Still Standing / Taron Egerton

エルトンがリハビリ施設を退所するシーン〜

エルトンの後日談を映したシーン。

エルトンが歌う曲。

 

I'm Gonna Love Me Again / Elton John & Taron Egerton

エンディングのスタッフ・キャストクレジット〜

エンドロールで流れる曲。

 

予告編

ロケットマン (字幕/吹替)

ロケットマン (字幕/吹替)

  • Dexter Fletcher
  • ドラマ
  • ¥1019
ロケットマン (字幕版)

ロケットマン (字幕版)

  • タロン・エガートン
Amazon