挿入歌ブログ

映画などの挿入歌を紹介

映画「ジョニー・イングリッシュ」で流れる曲は?

Johnny English

映画「ジョニー・イングリッシュ」で流れる曲をシーンと一緒に紹介。

映画「ジョニー・イングリッシュ」の挿入歌7曲

※以下、敬称略とする。

A Man For All Seasons / Robbie Williams

・ローワン・アトキンソン演じるイングリッシュ。

 ティム・ピゴット=スミス演じるペガサス。

 イングリッシュが鏡の前で、

 自分の手を銃に見立てて、

 構える練習をするシーン〜

 ペガサスのオフィスに到着するシーンで流れる曲。

・エンドロールで流れる曲。

A Man for All Seasons

A Man for All Seasons

  • ロビー・ウィリアムス
  • サウンドトラック
  • provided courtesy of iTunes

 

Thank You For The Music / Rowan Atkinson

ベン・ミラー演じるボフ。

イングリッシュとボフが

暗闇の地下を歩くシーン。

イングリッシュが歌う曲。 

 

Does Your Mother Know / Abba

・ジョン・マルコヴィッチ演じるソヴァージュ。

 イングリッシュの盗撮映像を

 ソヴァージュ達が観るシーン。

 イングリッシュのバスルームで流れている曲。

・載冠式でイングリッシュの映像が

 流れてしまうシーン。

 イングリッシュのバスルームで流れている曲。

 

The Only Ones / Moloko

ナタリー・インブルーリア演じるキャンベル。

イングリッシュとキャンベルが

回転寿司店で会話するシーン。

お店で流れている曲。 

 

Theme from Johnny English / ???

ボフがソヴァージュの本拠地であるビルに上空から到着し、

イングリッシュが後に続くシーンで流れる曲。

 

Kismet / Bond

”ヨワクナール”の効果が残っているイングリッシュが

歓迎会に潜入するシーン。

パーティ会場で流れている曲。

 

Theme from Johnny English (Salsa Version) / Bond

イングリッシュとキャンベルがダンスをするシーン〜

イングリッシュが振り返り、

後ろに立っていたペガサスに気付くシーン。

パーティ会場で演奏されている曲。

 

予告編