vitaminbooのboolog

映画メインのブログ

【映画】「東京物語」感想ネタバレあり

 

皆さん、こんばんわ

 

本記事では、映画「東京物語」の感想を書く。

 

ネタバレあり。

ネタバレが嫌な方は、ご退室を。

 

 

東京物語
評価:★★★(星3)

 

 

目次

 

スタッフ

監督

 小津安二郎

脚本

 野田高梧

 小津安二郎

製作

 山本武

撮影

 厚田雄春

美術

 浜田辰雄

音楽

 斎藤高順

録音

 妹尾芳三郎

照明

 高下逸男

 

出典:https://eiga.com/movie/38069/ 

 

 

キャスト

笠智衆

東山千栄子

山村聰

三宅邦子

村瀬禪

毛利充宏

杉村春子

中村伸郎

原節子

大坂志郎

香川京子

十朱久雄

長岡輝子

東野英治郎

高橋トヨ

三谷幸子

安部徹

阿南純子

 

出典:https://eiga.com/movie/38069/ 

 

 

ストーリー

周吉、とみの老夫婦は住みなれた尾道から二十年振りに東京にやって来た。途中大阪では三男の敬三に会えたし、東京では長男幸一の一家も長女志げの夫婦も歓待してくれて、熱海へ迄やって貰いながら、何か親身な温かさが欠けている事がやっぱりものたりなかった。それと云うのも、医学博士の肩書まである幸一も志げの美容院も、思っていた程楽でなく、それぞれの生活を守ることで精一杯にならざるを得なかったからである。周吉は同郷の老友との再会に僅かに慰められ、とみは戦死した次男昌二の未亡人紀子の昔変らざる心遣いが何よりも嬉しかった。ハハキトク--尾道に居る末娘京子からの電報が東京のみんなを驚かしたのは、老夫婦が帰国してまもなくの事だった。脳溢血である。とみは幸一にみとられて静かにその一生を終った。駈けつけたみんなは悲嘆にくれたが、葬儀がすむとまたあわただしく帰らねばならなかった。若い京子には兄姉達の非人情がたまらなかった。紀子は京子に大人の生活の厳しさを言い聞かせながらも、自分自身何時まで今の独り身で生きていけるか不安を感じないではいられなかった。東京へ帰る日、紀子は心境の一切を周吉に打ちあけた。周吉は紀子の素直な心情に今更の如く打たれて、老妻の形見の時計を紀子に贈った。翌日、紀子の乗った上り列車を京子は小学校の丘の上から見送った。周吉はひとり家で身ひとつの侘びしさをしみじみ感じた。

 

出典:https://eiga.com/movie/38069/ 

 

 

映画の詳細情報

1953年製作/135分/日本

配給:松竹

 

出典:https://eiga.com/movie/38069/

 

 

思いやる心に血のつながりは関係ない

この映画に登場する家族は以下の通り。

 

老夫婦

医者の長男

美容師の長女

戦死した次男

老夫婦と同居している次女

鉄道職員の三男

 

そして、戦死した次男の妻、紀子

 

 

紀子を演じた原節子さんの画像です
紀子を演じた原節子さん

 

老夫婦の血のつながった子供たちは、

広島から東京へ会いにきた老夫婦を歓迎することができない。

 

長男は自分の仕事が忙しくて、自分の家族サービスすらできない。

 

長女は、父親の酒癖の悪さが嫌いで、

両親と長時間いることをストレスに感じている。

 

だが、長女は物欲はピカイチで、

母親が死んでから、母親の着物はちゃっかりもらっていく。

 

三男も仕事が忙しいのだが、家族へ特に思うものがない。

 

次女は老夫婦と同居しており、葬式に来た兄弟たちが

そそくさと帰ってしまったことに対して不満に思う。 

 

一方、老夫婦と血の繋がっていない、次男の妻紀子は

東京に来た義父と義母を歓迎し、

自分の仕事を欠勤してまで、東京観光をしてあげたり、

自分の家に義母を泊めてあげるのだ。

 

紀子の言動がすごく上品で、できた人だ。

 

私の妄想だが、老夫婦と仲が一番良かったのが、

戦死した次男だったのではないか、と思うのだ。

 

そして、戦死した次男は、類は友を呼ぶ、ように、

紀子と同様に上品な人間だったのかもしれない。

 

そんな次男が戦死してしまい、老夫婦に良くしてくれる家族が

紀子だけになってしまった。

 

もともと、紀子に感謝の気持ちを老夫婦は抱いていたのかもしれないが、

東京で自分たちの世話をしてくれたことに対して、

東京で老夫婦が紀子に改めて感謝の気持ちを述べる・・・

 

義母が亡くなって、紀子と義父との会話の中で、

紀子が抱いている”モヤモヤ”を義父に正直に話す。

 

”モヤモヤ”とは、8年前に戦死した次男を思い出さない日が最近あり、

夫を思い出さない自分(紀子)は非情な人間なのではないか、

と思う気持ちである。

 

正直に自分の気持ちを義父に話した紀子に対して、

義父は紀子に微笑みながら、正直に述べた紀子に対して 

感謝の気持ちを伝え、義母の形見である時計を紀子に渡す・・・

 

この映画を観ていて、家族の関係って意外と浅くもろかったり、

戦争によって家族を亡くした人間の悲しさ、といったネガティブな部分と、

信頼関係に血のつながりは関係ないんだよ、というポジティブな部分を感じた。

 

 

まとめ

人間って複雑。

それでは。

 

 

東京物語

東京物語

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

  

東京物語  小津安二郎生誕110年・ニューデジタルリマスター [Blu-ray]

東京物語 小津安二郎生誕110年・ニューデジタルリマスター [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • 発売日: 2013/07/06
  • メディア: Blu-ray
 

  

東京物語 [DVD]

東京物語 [DVD]

  • 出版社/メーカー: コスモコンテンツ
  • 発売日: 2011/02/26
  • メディア: DVD
 

  

小津安二郎 大全集 DVD9枚組 BCP-027

小津安二郎 大全集 DVD9枚組 BCP-027

  • 出版社/メーカー: 株式会社 コスミック出版
  • 発売日: 2012/04/08
  • メディア: DVD