vitaminbooのboolog

映画メインのブログ

【映画】「みんな元気(2009)」感想ネタバレあり

 

皆さん、こんばんわ

 

本記事では、映画「みんな元気」の感想を書いた。

 

ほんのりネタバレあり。

ネタバレが嫌な方は、ご退室を。

 

 

みんな元気 [DVD]
評価:★★★(星3)

 

 

目次

 

スタッフ

監督

 カーク・ジョーンズ

製作

 ジャンニ・ヌナリ

 テッド・フィールド

 ビットリオ・チェッキ・ゴーリ

 グリニス・マーレイ

製作総指揮

 クレイグ・J・フローレス

 マイク・ウェバー

 ジョー・ローゼンバーグ

 カラム・グリーン

 マイアー・テパー

オリジナル脚本

 トニーノ・グエッラ

 ジュゼッペ・トルナトーレ

脚本

 カーク・ジョーンズ

撮影

 ヘンリー・ブラハム

美術

 アンドリュー・ジャックネス

編集

 アンドリュー・モンドシェイン

衣装

 オード・ブロンソン=ハワード

音楽

 ダリオ・マリアネッリ

 

出典:https://eiga.com/movie/54511/

 

キャスト

ロバート・デ・ニーロ

ドリュー・バリモア

ケイト・ベッキンセール

サム・ロックウェル

メリッサ・レオ

 

出典:https://eiga.com/movie/54511/

 

ストーリー

毎年、感謝祭シーズンには実家に集まるグード家だったが、今年は誰も帰省しないため、やもめ暮らしの父親フランク(デ・ニーロ)は、全米各地でバラバラに暮らす子供たちに会いに行くが……。

 

出典:https://eiga.com/movie/54511/

 

映画の詳細情報

2009年製作/95分/アメリカ

原題:Everybody's Fine

 

出典:https://eiga.com/movie/54511/

 

映画「みんな元気(2009)」は、1990年に公開された

同名イタリア映画のリメイク作品である。

 

また、Wikipediaによると、1990年の作品は、

1953年に公開された邦画「東京物語」の

オマージュ作品とのことである。

 

 

我が子への親目線

この映画の印象的だったシーンは、

ロバート・デ・ニーロさん演じるフランクが

我が子と再会するシーン。

 

待ち合わせ場所で、自分の子どもと落ち合う時に、

フランク視点になるのだが、フランクが我が子を観る時に

子供の姿が小学生低学年ぐらいの姿なのだ。

 

そして、我が子との再会に笑顔で心の底から喜んでいる。

 

再会シーンの他にも、フランクが頭の中で

我が子とコミュニケーションをとるときも

子供の姿は小学校低学年ぐらいの姿なのである。

 

この”フランク視点”を観て思い出したのが、

私が実家に帰った時に言われる言葉である。

 

実家に帰ると、両親は「昔は可愛かった」なんて言われるのだ。

 

もしかしたら、両親の頭の中では、私の姿はフランクみたいに

小学校低学年の姿に変換されているのかもしれない。

 

言われた時には「また同じこと言ってるよ。はいはい。」なんて

私は両親を適当にあしらうのだが、フランク視点を観て、

どの親も同じことを考えるのだな、なんて、この映画を観て思わされた。

 

 

元気だったら、それで良いじゃないか

フランクの子供は、ロージー、エイミー、ロバート、デイヴィッドの4人。

 

フランクの理想とは違い、4人それぞれ困難を抱えている。

 

でも、4人それぞれ、困難とともに人生を歩んでいる。

 

厳密には3人であるが・・・

 

題名でもあり、フランクが亡き妻に報告する「みんな元気」と言う言葉。

 

元気だったら、人生はそれで良いじゃないか、と

いうメッセージが込められた映画だった。

 

 

まとめ

元気以上に求めることはない。

それでは。

 

 

みんな元気 [DVD]

みんな元気 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2011/01/19
  • メディア: DVD