vitaminbooのboolog

映画メインのブログ

【映画】「ジュラシック・パーク」感想ネタバレあり

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「ジュラシック・パーク」の感想を書きます。

ネタバレありです。

ネタバレが嫌な方は、ご退室ください。

 

 

ジュラシック・パーク(字幕版)
評価:★★★(星3)

 

 

目次

 

スタッフ

監督

 スティーブン・スピルバーグ

脚本

 マイケル・クライトン

 デビッド・コープ

原案

 マイケル・クライトン

製作

 キャスリーン・ケネディ

 ジェラルド・R・モーレン

撮影

 ディーン・カンディ

美術

 リック・カーター

音楽

 ジョン・ウィリアムズ

編集

 マイケル・カーン

 スタン・ウィンストン

 デニス・ミューレン

 フィル・ティペット

 マイケル・ランティエリ

 

出典:https://eiga.com/movie/45490/

 

 

キャスト

サム・ニール

ローラ・ダーン

ジェフ・ゴールドブラム

リチャード・アッテンボロー

アリアナ・リチャーズ

ジョセフ・マッゼロ

 

出典:https://eiga.com/movie/45490/

 

 

ストーリー

アリゾナの砂漠地帯で恐竜の化石の発掘調査を続ける生物学者のアラン・グラント博士(サム・ニール)と古代植物学者のエリー・サトラー博士(ローラ・ダーン)は、突然やって来たハモンド財団の創立者ジョン・ハモンド氏(リチャード・アッテンボロー)に、3年間の資金援助を条件にコスタリカ沖の孤島へ視察に来るよう要請される。視察には、数学者のイアン・マルカム博士(ジェフ・ゴールドブラム)、ハモンド氏の顧問弁護士ドナルド・ジェナーロ、それにハモンド氏の2人の孫、レックス(アリアナ・リチャーズ)とティム(ジョセフ・マゼロ)も招かれていた。島に到着した彼らの目の前に現れたのは群れをなす本物の恐竜たちだった。このジュラシック・パークは、ハモンド氏が巨費を投じて研究者を集め、化石化した琥珀に入っていた古代の蚊から恐竜の血液を取り出し、そのDNAを使い、クローン恐竜を創り出した夢のテーマ・パークだった。グラントたちはこのプロジェクトの未来に不安を感じるが、遅れて来た2人の子供たちと共に、コンピュータ制御された2台の車に分乗して国内ツアーに出かけた。一行は、病気のトリケラトプスに出会った。エリーは恐竜の様子を見るため居合わせた獣医と共にそこに残った。その頃、パークの安全制御を担当するコンピュータ・プログラマーのネドリーは、ライバル会社に恐竜の胚の入ったカプセルを売り渡すために陰謀を企てていた。ロックを解除してカプセルを盗み出したネドリーは嵐の中、東桟橋へ急いだ。同時にグラントたちの乗った車も停車してしまい、恐竜を防護するフェンスの高圧電流も止まってしまった。彼らの目の前に巨大なティラノサウルスが現れ、襲いかかってきた。ジェナーロが食われてしまい、子供たちを助けようとしたマルカム博士は重傷を負ってしまう。グラントと子供たちはフェンスの向こうへ逃げ、ヴィジター・センターへと急ぐ。ネドリーはティロフォサウルスに襲われてしまう。グラントたちを捜しに出たエリーは、マルカムを助け、ティラノに追われながらもセンターへ帰還する。システムを元に戻すため一度電源を切り、落ちたブレーカーを戻すためエリーは電気室へ。しかしそこには凶暴で知能の高い小型恐竜ヴェロキラプトルが潜んでいた。エリーは命からがら逃げ出すが、同行した警備係は惨殺される。センターにやって帰り着いたグラントと子供たちだったが、グラントが他の人たちを探しに行っている間に2頭のヴェロキラプトルが現れ、子供たちを追いかけ回す。グラントはエリーと合流し、2人と子供たちは恐竜と闘いながらコントロール・センターに入り、安全装置と通信機能を回復させるが、ヴェロキラプトル2頭についに追いつめられる。そこにティラノサウルスが現れ、恐竜たちが闘っている隙にグラントたちは、地下室に隠れていたハモンド氏やマルカムと共に島を脱出するのだった。

 

出典:https://eiga.com/movie/45490/

 

 

映画の詳細情報

1993年製作/アメリカ

原題:Jurassic Park

配給:ユニヴァーサル映画=UIP

 

出典:https://eiga.com/movie/45490/

 

 

 人間って自己中

映画「ジュラシック・パーク」には、恐竜が登場するワクワク感と、

人間の身勝手さへの苛つきを感じられます。

 

グラント博士みたいに、最初に生きている恐竜を観た時は、

「おー!」って恐竜にワクワクしました。

 

でも、話が進むにつれて、人間が恐竜を押さえ込むことが

できなくなってしまうんですよね。

 

もちろん、歴史を勉強されている方や、

グラント博士みたいに古代生物を研究している方は、

過去を現代で再現できたら、それは嬉しいでしょう。

 

歴史とか、歴史上の人物や生物は結局、

化石とか発掘した物から、学者が根拠を持って想像した物ですからね。

 

それを五感で確認できる。

 

でも、学者たちの知りたい、見たいという欲は分かりますが、

結局現代の人間は何もコントロールできていないんですよ。

 

環境問題だったり、人種問題、宗教問題、治安問題、

紛争問題・・・

 

私を含めて、人間は欲深くて、自己中ですからね。

 

自分の欲でさえもコントロールできないんですから、

恐竜を人間たちの手中に治めようなんて、ありえないですよ。

 

地球が築き上げた歴史を侮辱しているような気が私はします。

 

あと、話が少し脱線しますが、建造物とか、

過去の人たちが造り上げた物を観るのは良いんですけど、

掘り起こしたミイラを飾って鑑賞する、ってのが理解できないんですよ。

 

あと、虫の標本とか・・・

 

自分がされたら嫌じゃないですか?

 

死んだら、自分も何も、ないかもしれませんけど、

人・生き物の死に敬意を持っていないように思ってしまうんです。

 

・・・なんて、どうでも良いことを話してしまいましたが、

人間だろうが動物だろうが、野菜だろうが、物だろうが、

全てに敬意を持つことが大事だと思うのです。

 

映画「ジュラシック・パーク」の話に戻しますが、

現代の人間は恐竜を見なくとも、問題なく生きられますよね?

 

もっと取り込むべきことは”今”にあると思うんですよ。

 

自己中な私が映画「ジュラシック・パーク」を鑑賞して

「ものごとに敬意を払う」のと同時に、

過去ではなくで、”今”を自分でコントロールする必要性を感じました。

 

 

まとめ

”今”だけをコントロールする。

それでは。

 

 

ジュラシック・パーク(字幕版)

ジュラシック・パーク(字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

  

ジュラシック・パーク ブルーレイ コンプリートボックス(初回生産限定) [Blu-ray]

ジュラシック・パーク ブルーレイ コンプリートボックス(初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • 発売日: 2016/02/24
  • メディア: Blu-ray
 

  

ジュラシック・パーク (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)[4K ULTRA HD + Blu-ray]

ジュラシック・パーク (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)[4K ULTRA HD + Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • 発売日: 2018/07/04
  • メディア: Blu-ray
 

  

ジュラシック・パーク [Blu-ray]

ジュラシック・パーク [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2012/06/20
  • メディア: Blu-ray
 

  

ジュラシック・パーク 3D+2D [Blu-ray]

ジュラシック・パーク 3D+2D [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • 発売日: 2015/07/23
  • メディア: Blu-ray
 

 

ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー [Blu-ray]

ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2011/10/26
  • メディア: Blu-ray
 

 

ジュラシック・パーク [DVD]

ジュラシック・パーク [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2012/04/13
  • メディア: DVD