vitaminbooのboolog

映画メインのブログ

【映画】「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」感想ネタバレなし

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「三銃士 王妃の首飾りと

ダ・ヴィンチの飛行船(以下、三銃士)」の感想を書きます。

 

 

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (字幕版)

評価:★★★★(星4)

 

 

目次

 

スタッフ

監督

 ポール・W・S・アンダーソン

製作

 ジェレミー・ボルト

 ポール・W・S・アンダーソン

 ロバート・クルツァー

製作総指揮

 マーティン・モスコウィック

原作

 アレクサンドル・デュマ

脚本

 アレックス・リトバク

 アンドリュー・デイビス

撮影

 グレン・マクファーソン

美術

 ポール・デナム・オースタベリー

衣装

 ピエール=イブ・ゲロー

編集

 アレクサンダー・バーナー

音楽

 ポール・ハスリンジャー

 

出典:https://eiga.com/movie/55968/

 

 

キャスト

ローガン・ラーマン

ミラ・ジョボビッチ

マシュー・マクファディン

レイ・スティーブンソン

ルーク・エバンス

マッツ・ミケルセン

ガブリエラ・ワイルド

ジェームズ・コーデン

ジュノー・テンプル

フレディ・フォックス

オーランド・ブルーム

クリストフ・ワルツ

 

出典:https://eiga.com/movie/55968/

 

 

ストーリー

17世紀フランス。パリにやってきた気が強く無鉄砲な青年ダルタニアンは成り行きで三銃士の仲間となり、国王の側近の裏切りによって狙われた王妃の首飾りを取り戻すためイギリスへ。しかし、そんな彼らの前に事件のカギを握るバッキンガム公爵と正体不明のナゾの美女ミレディが立ちはだかる。

 

出典:https://eiga.com/movie/55968/

 

 

映画の詳細情報

2011年製作/110分/G/フランス・アメリカ・イギリス・ドイツ合作

原題:The Three Musketeers

配給:ギャガ

 

出典:https://eiga.com/movie/55968/

 

 

みんな信念を持っている

映画の最初の方では、三銃士の3人は色々あって

やる気がなくなってしまった状態ではあるんですが、

登場人物たちはみんな信念を持っているんです。

 

ローガン・ラーマンさん演じるダルタニアンは、

三銃士の仲間になって活躍する、という信念、

国を狙う悪い奴らは、国を奪うんだ、という信念、

ジュノー・テンプルさん演じるアンヌ王妃は、

国と自分の地位を守る、という信念、

フレディ・フォックスさん演じるルイ13世は、

アンヌ王妃を愛する、という信念などなど・・・

 

私は、登場人物たちが勇敢さや信念を持っている映画に弱いんですよ。

 

例えば、映画「ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間」はみんなが勇敢で、

それぞれみんなが信念を持っていて、そんな彼らにワクワクさせられて、

映画「ロード・オブ・ザ・リング」は大好きな映画の一つなんです。

 

映画「三銃士」も登場人物たちが、信念と勇敢さを持っているので、

それだけで私は映画「三銃士」に引き込まれました。

 

 

国を奪おうとする奴ら 

正義 対 悪っていう映画では、悪役が大事だと思ってます。

 

悪役がカッコよくないと、映画が引き締まらないんですよ。

 

カッコいい悪役を正義が倒すことによって、

正義を引き立たせると思ってます。

 

 

映画「三銃士」の悪役は、

オーランド・ブルームさん演じるバッキンガム公爵、

マッツ・ミケルセンさん演じるロシュフォール、

クリストフ・ワルツさん演じるリシュリュー枢機卿。

 

映画「三銃士」を初めて鑑賞したのは映画館だったんですけど

それまで、オーランド・ブルームさんに悪役の印象が全くなかったので、

「悪役に合うのかな・・・」なんて思ってたんですけど、

きちんと裏切ってくれました。

 

いちいち嫌味っぽい演技が完璧で、悪役にぴったりでした。

 

マッツ・ミケルセンさんは、この映画で初めて知ったんですけど、

「なんだ、この人は!めちゃくちゃカッコいいじゃないか・・・」と、

映画館で、マッツ・ミケルセンさんの魅力に引き込まれちゃいましたね。

 

こんなに、眼帯と黒色(焦げ茶色?)が

似合う俳優さんはいないんじゃないかな・・・。

 

後々、マッツさんはNetflix作品「ポーラー 」で

眼帯をつけた凄腕の殺し屋を演じるんですけどね。

 

クリストフ・ワルツさんも失礼ながら、マッツ・ミケルセンさんと同様で、

映画「三銃士」で初めて知りました。

 

表向きは国王にペコペコしてる戦術家で

裏では自分の利益が最大であればなんでもいい、という

欲深い役なんですけど、ぴったりでした。

 

リシュリュー枢機卿の欲深い人物像がビシビシ伝わってきて、

ワルツさんの説得力がある演技に引き込まれました。

 

 

魅力的な悪役三人に注目して鑑賞するだけでも、

映画「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」は

面白い映画なので、ぜひ鑑賞してみてください。

 

 

まとめ

悪役三人衆。

それでは。

  

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (字幕版)

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video