vitaminbooのboolog

映画の感想メインのブログ

【映画】「バック・トゥ・ザ・フューチャー」感想ネタバレあり

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の感想を書きます。

ネタバレありです。

ネタバレが嫌な方は、ご退室ください。

 

 

評価:★★★★★(星5)

 

 

目次

 

スタッフ

監督

 ロバート・ゼメキス

製作

 ボブ・ゲイル

 ニール・キャントン

製作総指揮

 スティーブン・スピルバーグ

 フランク・マーシャル

 キャスリーン・ケネディ

脚本

 ボブ・ゲイル

 ロバート・ゼメキス

撮影

 ディーン・カンディ

美術

 ローレンス・G・ポール

編集

 アーサー・シュミット

 ハリー・ケラミダス

音楽

 アラン・シルベストリ

 

出典:https://eiga.com/movie/47965/

 

 

アラン・シルベストリさんが
音楽を担当したオススメ映画
私の感想はこちら

 

 

キャスト

マイケル・J・フォックス

クリストファー・ロイド

リー・トンプソン

クリスピン・グローバー

トーマス・F・ウィルソン

クローディア・ウェルズ

マーク・マクルーア

ウェンディ・ジョー・スパーバー

ジョージ・ディセンゾ

ジェームズ・トルカン

J・J・コーエン

ケイシー・シーマツコ

ビリー・ゼイン

ハリー・ウォーターズ・Jr.

リサ・フリーマン

クリステン・カウフマン

エルサ・レイブン

ウィル・ヘア

アイビー・ベスーン

ヒューイ・ルイス

 

出典:https://eiga.com/movie/47965/

 

 

過去の父親と交信するオススメ映画
私の感想はこちら

 

 

ストーリー

1985年、高校生のマーティ・マクフライは、近所に住む科学者のエメット・ブラウン博士(通称ドク)が愛車デロリアンを改造して開発したタイムマシンの実験を手伝うが、誤作動で1955年の世界にタイムスリップ。タイムマシンは燃料切れで動かなくなってしまう。困ったマーティは1955年のドクを探し出し、事情を説明して未来に戻る手助けをしてもらうことになるが、その過程で若き日の両親の出会いを邪魔してしまう。このままでは自分が生まれないことになってしまうため、マーティは未来に戻る前になんとか両親の仲を取り持とうと奮闘する。 

 

出典:https://eiga.com/movie/47965/

 

 

超オススメSF映画
私の感想はこちら

 

 

映画の詳細情報

1985年製作/116分/PG12/アメリカ

原題:Back to the Future

配給:UIP

 

出典:https://eiga.com/movie/47965/

 

 

ドキドキワクワク感 

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は

子供の時に、実家にてレーザーディスクで初めて鑑賞しました。

 

プルトニウムを狙う悪い奴らとのカーチェイスでハラハラし、

過去にタイムスリップしたワクワク感、

そしてマイケル・J・フォックスさん演じるマーティが

体格が小さいながらも、一生懸命動き回って、

色んな問題を解決していく姿に子供ながらに「頑張れ!」と応援する。

 

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、

子供だった自分に、色んな感情を感じさせてくれた映画なんです。

 

大人になってからも、子供だった当時ほど映画への没入感はありませんが、

タイムスリップした1955年でマーフィが経験する出来事に

ワクワク感は感じます。

 

私にとって、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、

子供時代に感じたワクワクドキドキ感を思い出させてくれる映画です。

 

 

子供の時に何度も鑑賞したオススメ映画
私の感想はこちら

 

 

まとめ

子供時代のワクワクドキドキ感を思い出したい方は、

ぜひ鑑賞してみてください。

それでは。