vitaminbooのboolog

映画の紹介・感想をメインに。 たまに、音楽、ドラマ、雑談を。

【映画】「ナイスガイズ!」感想ネタバレあり

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「ナイスガイズ!」の感想を書きます。

 

評価:★★★★(星4)

評価について - vitaminbooのboolog

 

目次

 

スタッフ

監督・脚本

 シェーン・ブラック

製作

 ジョエル・シルヴァー

脚本・製作総指揮

 アンソニー・バガロッツィ

撮影監督

 フィリップ・ルースロ

プロダクションデザイン

 リチャード・ブリッジランド

編集

 ジョエル・ネグロン

衣装デザイン

 キム・バレット

作曲

 ジョン・オットマン

 デヴィッド・バックリー

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0021414

 

キャスト

ラッセル・クロウ

ライアン・ゴズリング

アンガーリー・ライス

マット・ボマー

マーガレット・クアリー

キース・デヴィット

ヤヤ・ダコスタ

ボー・ナップ

キム・ベイシンガー

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0021414

 

ストーリー

1970年代のロサンゼルス。シングルファーザーの私立探偵マーチ(ライアン・ゴズリング)は腕っ節の強い示談屋ヒーリー(ラッセル・クロウ)に無理やりコンビを組まされ、行方不明になった少女探しを手伝うハメに。さらにマーチの13歳の娘ホリー(アンガーリー・ライス)も加わり捜査を進めていくが、簡単に終わるはずだったその仕事は、とある映画にまつわる連続不審死事件、さらには国家を揺るがす陰謀へとつながっていき・・・・・・。

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0021414

 

マーチが良かった

最初は、お金で態度が変わるような、人生が上手くいっていない人間で、

手の甲に"You will never be happy(一生幸せになれない男)"って、

ホリーが書いたのか、自分で書いたのか・・・

こんな文字通りのような人間だったんです。

 

劇中、マーチは文字通り、落ちまくります。

落ちて落ちて落ちまくります。

 

最後には、てんやわんや色々大変でしたが、

落ちまくって、フィルムを不格好な姿で追いまくって、

底辺まで落ちた人間にマーチがなったからなのか、

手の甲の文字も"You will be happy(一生幸せな男)"って変わりました。

 

マーチが変わっていく様は見ていて面白かったです。

しかも、マーチを演じたライアン・ゴズリングさんの演技が良かったです。

マーチのビビリ具合だったり、ドタバタした人間を忠実に演じていました。

ライアン・ゴズリングさんは、映画「ドライヴ」で好きになった俳優さんです。

マーチがドライバーとは正反対なキャラクターなので、

コメディの演技もできる俳優さんなんだと、

ライアン・ゴズリングさんのさらなる魅力に惹きつけられた作品でした。

 

登場人物が多すぎる

お話自体は、基本主人公たちが喋ってばっかりで、登場人物も多く、大混乱な私。

登場人物が少しでも多くなると、頭が混乱しちゃうんですよ。

なので、好きな映画の条件に、登場人物が少ない、というのが自分の中であるんです。

脳みそが映画に付いていけないなんて・・・トホホ。

 

で、登場人物が多い本作・・・じゃあ、星2評価とかなんじゃないか?

と疑問に思われたと思いますが、登場人物が多いという悪条件の中でも

評価を覆したのは、ライアン・ゴズリングさんの演技が良かった、

というのと、70年代の世界に没入できる、っていうのが理由です。 

 

70年代を存分に感じられる2時間

本作品の舞台は、1977年です。

それに合わせて、車とか、ファッションとか、

インテリアとか70年代のデザインになってます。

"とか"っていうとマーチに怒られそうですが・・・

 

70年代の音楽、ファッション、インテリアが好きな私にとって、

本作品は良いところだらけなんです。

特に、劇中流れる音楽が最高なんです。

エンドロールの音楽リストで、劇中歌たちのリリース年を調べました。

厳密に言うとアース・ウィンド・アンド・ファイアーの曲とか、

ルパート・ホルムズさんの曲とか、本作品の舞台設定である

1977年以降にリリースされた挿入歌もありましたが、

ほぼほぼ70年代の音楽が使用されています。

なので、私の好きな70年代の曲が挿入されているのは、なんだか嬉しいです。

 

映画の中の音楽って、大事だと思うんですよ。

挿入歌を聞いたら、その挿入歌が流れていたシーンを思い出す・・・

なんてことは皆さんもありませんか?

 

まとめ

底辺からは、上しか見えない。

それでは。

 

オススメの記事

ライアン・ゴズリングさんが出演しているオススメの映画↓ 


凸凹コンビが活躍するオススメの映画↓