vitaminbooのboolog

映画の感想メインのブログ

【映画】「バイバイマン」感想ネタバレあり

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「バイバイマン」の感想を書きます。

ネタバレありです。

ネタバレが嫌な方は、ご退室下さい。

 

評価:★★(星2)

 

目次

 

スタッフ

監督

 ステイシー・タイトル

製作

 トレヴァー・メイシー

 ナンシー・カーホッファー

脚本

 ジョナサン・ペナー

音楽

 ザ・ニュートン・ブラザーズ

撮影

 ジェームズ・クニースト

美術

 ジェニファー・スペンス

編集

 ケン・ブラックウェル

衣装

 リア・バトラー

特殊メイク

 ロバート・カーツマン

VFX

 ジョン・キャンファンズ

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0022029

 

 

キャスト

ダグラス・スミス

ルシアン・ラヴィスカウント

クレシダ・ボナス

ダグ・ジョーンズ

キャリー=アン・モス

フェイ・ダナウェイ

リー・ワネル

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0022029

 

 

ストーリー

アメリカ・ウィスコンシン州。古い屋敷で暮らし始めた3人の大学生は、ひょんなことから、その名前を知ったり口にしたりした者に死が訪れるというバイバイマンを解き放ってしまう。それ以来、バイバイマンに取りつかれた彼らは、その呪いから逃れようと互いに協力して助け合うが、周囲の人々が次々と悲惨な運命をたどり・・・・・・。

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0022029

 

 

バイバイマンの設定は面白い

ダグ・ジョーンズさん演じるバイバイマンが主人公たちを悩ませるんですけど、

バイバイマンが主人公たちに攻撃してくる条件が面白かったです。

”バイバイマン”って意識しただけで、主人公たちの前に出てきます。

でも、バイバイマンは主人公たちに直接攻撃はできません。

バイバイマンによる幻覚・幻聴で主人公たちを惑わせて、

主人公同士に殺させます。

知っちゃったら最後、っていうのが怖すぎます。

ふと記憶にあるものって思い出しますよね?

少なくとも私はそうです。

どんなことをふと思い出すのかというと・・・

ちょっと思い出せませんが、皆さんもそういうことはあるかと思います。

自分の無意識に働きかけてくるのは、お手上げ状態です。 

ただ、バイバイマンの過去だったり、バイバイマンの詳細は本作品では分かりません。

続編とかでやる予定なのかな・・・。

ちなみに、続編の製作は発表されてないです。

 

 

進行がゆっくりでイライラ

約1時間半の映画なんですけど、非常に長く感じました。

いらないシーンが多かったですし、

回収されない伏線もたくさんあって、つまらなかったです。

何度、チャプターを飛ばそうかと・・・。

 

ここで、感想文を終わらせるのは短すぎるので、

主人公たちの関係の考察を一応してみます。

 

 

主人公たち

ダグラス・スミスさん演じるエリオット、

クレシダ・ボナスさん演じるサシャ、

ルシアン・ラヴィスカウントさん演じるジョン、

この3人が大きい家に一緒に住むことになるんですけど・・・

エリオットとサシャは恋人同士、

ジョンはサシャのことが気になる様子、

エリオットとジョンは親友だけど、

何かとサシャとイチャイチャするジョンのことをエリオットが気に食わない。

一見、仲が良い3人なんですけど、心の底では信頼関係が希薄なんです。

だから、バイバイマンに付け込まれたんでしょうけど・・・

彼らに映画「IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。」 を見せてあげたいですよ。

子供でも、勇気を出して幻覚に打ち勝ち、仲間で協力してイットを倒す・・・。

本作品の主人公たちもこれができれば、バイバイマンに勝てたかもしれないです。

 

 

まとめ

信頼 、勇気、大事。

それでは。 

 

 

 

オススメの記事

勇気でお化けを倒すオススメの映画↓ 

 

勇気を出してモンスターを倒すオススメの映画↓