vitaminbooのboolog

映画の紹介・感想をメインに。 たまに、音楽、ドラマ、雑談を。

【映画】「エルム街の悪夢(2010)」感想ネタバレあり

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「エルム街の悪夢(2010)」の感想を書きます。

ちょこっとネタバレありです。

注意してください。 

 

 

評価:★★★★(星4)

評価について - vitaminbooのboolog

 

目次

 

スタッフ

監督

 サミュエル・ベイヤー

脚本

 ウェズリー・ストリック

 エリック・ハイセラー

製作

 マイケル・ベイ

 アンドリュー・フォーム

 ブラッド・フラー

音楽

 スティーヴ・ジャブロンスキー

 

出典:エルム街の悪夢 (2010) - シネマトゥデイ

 

 

キャスト

ジャッキー・アール・ヘイリー

カイル・ガルナー

ルーニー・マーラ

ケイティ・キャシディ

トーマス・デッカー

ケラン・ラッツ

 

出典:エルム街の悪夢 (2010) - シネマトゥデイ

 

ストーリー

エルム街の若者たちは一様に悪夢にうなされていた。赤と緑のストライプのセーターに顔のやけどを隠すフェドーラ帽、鉄の爪を持つ男(ジャッキー・アール・ヘイリー)の夢だった。ある日、夢を見た若者の一人が現実の世界でも殺されてしまう。殺人鬼から逃れるには眠ってはいけないと気付いた彼らだったが・・・。

 

出典:エルム街の悪夢 (2010) - シネマトゥデイ

 

金属が擦れる音

ジャッキー・アール・ヘイリーさん演じる

フレディ・クルーガー(以下、フレッディ)。

フレディは夢の中で、ハサミみたいに鉄の爪同士をカシカシこすったり、

鉄のパイプに爪を当てたり・・・

金属が擦れる音は日常生活の中で、平気な私なんですが、

フレディが登場する度に金属音を聞かされると、頭がガンガンしましたよ。

夫が金属音が大嫌いで、スプーン同士が擦れる音で「やめてくれー!!」と

悶絶するんですが、夫の気持ちがやっと理解できました。

 

ずーっと起きてるなんて無理

寝るとフレディが登場します。

主人公たちは死にたくないので、ひたすら寝ないようにするんですが、

まぁ無理ですよね。

 

お布団の中で泣き寝入りしている女性のイラストです。

 

カイル・ガルナーさん演じる

クエンティン・スミス(以下、クエンティン)が言ってましたけど、

「70時間寝ないと、短期睡眠(マイクロナップ)が始まって、

脳みそが勝手に停止して、強制的に昏睡状態になっちゃう」そうです。

現実にもそういうことがあるのか、調べてみましたが・・・

70時間云々というのはヒットしなかったです。

なので、クエンティンのセリフの設定は、作り話だと思うんですけど、

この設定がなんか説得力があるというか・・・

ルーニー・マーラさん演じるナンシー・ランブ(以下、ナンシー)が、

幼稚園の同級生の生存確認をパソコンで行なうシーンがあるんですが、

そのシーンはハラハラしちゃいました。

「3日も寝てないなんてヤバイじゃん!・・・あーあ、死んじゃった・・・」

とお話に入り込んじゃいましたね。

 

意外な展開

本作品は、リブート版です。

オリジナル版は鑑賞せず、本作品を鑑賞したんですが、展開が意外でした。

ケイティ・キャシディさん演じるクリステン・フォーレン(以下、クリステン)が

主役だと思ってたんです。

ケイティ・キャシディさんは本作品で初めて知ったんですが、

この女優さんが主役なんだな、と。

本作品の劇場公開が2010年なので、ルーニー・マーラさんは

当時下積み時代だったのかな、なんて勝手に想像してたんです。

ところがどっこい、クリステンが意外とあっさりとフレディに殺されちゃうんですよ。

ここで、展開が読めなくなった、というか、

本作品に対する興味がグッと惹かれました。

しかも、最初はオドオドしてたクエンティンが

段々頼りになる人間に変わってきたり。

良い意味で裏切られる展開でした。

 

まとめ

寝るな!ってムリムリ・・・。

それでは。

 

オススメの記事

若者が頑張るホラー映画のオススメ↓ 

 

絶望感を味わえるオススメ映画↓