vitaminbooのboolog

映画の紹介・感想をメインに。 たまに、音楽、ドラマ、雑談を。

【映画】「ファイナル・デスティネーション」の感想ネタバレなし

2019-09-28 更新しました

2019-10-14 修正しました 

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「ファイナル・デスティネーション」の感想を書きます。

 

評価:★★★★(星4) 

評価について - vitaminbooのboolog

 

目次

 

スタッフ

監督

 ジェームズ・ウォン

プロデューサー

 グレン・モーガン

 ウォーレン・ザイド

 グレーグ・ペリー

脚本

 グレン・モーガン

 ジェフリー・レディック

 ジェームズ・ウォン

原案

 ジェフリー・レディック

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0000254

  

キャスト

デヴォン・サワ

アリ・ラーター

ショーン・ウィリアム・スコット

 

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ファイナル・デスティネーション

 

どんなストーリー?

高校生のアレックス(デヴォン・サワ)は、修学旅行でフランスへ向かう飛行機の中で急に不吉な予感に襲われる。パニックに陥ったアレックスは、親友トッド(チャド・E・ドネーラ)と共に飛行を降りる。その直後、恐ろしい爆発音が・・・。

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0000254

 

海外ホラーで一番好き

友達と初めて観た映画が本作品だったので、

思い出の映画というのもありますが、海外ホラーで一番好きです。

本作品は、後に4作品制作された人気シリーズなんです。

2作目と5作目もオススメ作品です。

 

ハラハラ感がたまらない

飛行機事故を生き残ったアレックスたちは、

本当は飛行機事故で死ぬはずだったので、死神から狙われるんです。

死神は作中、姿は現さないんですけど、確実に主人公たちを狙ってきます。

死神は事故死に見せかけて、殺してくるんです。

途中、アレックスは死神に狙われる順番というのを発見して、

死神に立ち向かうんですけど、その攻防が終始ハラハラします。

 

大きな鎌を持った可愛い死神(骸骨)のキャラクターです。

 

目にするものが凶器に見える

目にするもの全てが、凶器に見えてしまうんです。

観終わった後も、日常生活のものが凶器に見えてしまう・・・。

これを聞くと、ヤバい人間だと思うんですけど、本当にそう思うんですよ。

まだ鑑賞していなければ、観てみてください。

鑑賞し終わったら、日常生活の周りのものが凶器に見えてきますから。

 

星4評価の理由

人がバタバタ死にます。

観てみて良い気はしないので、人にはオススメできないかと。

私は好きな作品で何回も鑑賞しているので、星4評価にしました。

 

まとめ

死神にはお手上げ。

それでは。

  

オススメの記事

私の大好きなホラー映画のひとつです↓

予知能力者が活躍するオススメの映画↓