vitaminbooのboolog

映画の感想メインのブログ

【映画】「クラウン」感想ネタバレあり

2019-09-27 更新しました

2019-11-01 修正しました

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「クラウン」の感想を書きます。

ネタバレありです。

ネタバレが嫌な方は、ご退室ください。

 

評価:★★★(星3)

 

目次

 

スタッフ

監督・脚本

 ジョン・ワッツ

製作

 イーライ・ロス

 ブライアン・オリヴァー

 マック・カピチーノ

 コディ・ライダー

脚本

 クリストファー・フォード

撮影

 マシュー・サント

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0019907

 

 

キャスト

アンディ・パワーズ

ローラ・アレン

ピーター・ストーメア

イーライ・ロス

エリザベス・ウィットメア

クリスチャン・ディステファーノ

チャック・シャマタ

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0019907

 

 

ストーリー

ピエロの衣装を着て息子の誕生日を祝ったケント(アンディ・パワーズ)は衣装が脱げなくなり、やがて肌にどうかし始めていることに気付く。その衣装には、かつて子供たちうぃむさぼり食っていた悪魔「クロイン」伝説にまつわる謎が秘められていた。邪悪な魂に取りつかれたケントは「、完全にクロインになってしまう前にくい止めようと考え・・・。

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0019907

 

R15指定作品です。

殺されるのがほとんど子供なのと、

犬も狂っちゃってかわいそうなことになるので、後味が非常に悪いです。

 

 

とにかくケントがかわいそう

ケントは息子のためにピエロの仮装をする。

そこから、ケントがピエロ(悪魔)に侵食されていくんです。

ただただ、息子の喜ぶ顔が見たかっただけなのに・・・。

しかも、ピエロ(悪魔)の「子供を食べたい」

という欲求をケントが耐えまくるんですよ。

ケントが良い人なのが、ビシビシ伝わってくる分、

ピエロ(悪魔)に変わっていくのが、こっちまで辛くなります。

 

最後には、奥さんに自分の首を引きちぎられるケント。

かわいそうすぎますよ。

途中、ピエロから解放される手段が判明するも、

「そんなことできるか!」っていう内容だし。

何回も言ってしまいますが、ケントがかわいそうすぎます。

 

 

奥さんの変わりよう

ケントに妊娠している奥さんがいるんですけど、

奥さんの変わりようがすごいです。

最初の方は、ケントを助けようと奮闘するんですけど・・・

息子を守るためには、「これでも食らえ!」と言いながら、

ピエロになった夫をズタズタ包丁で切っちゃうのか・・・

とショックだったのと、ちょっと笑っちゃいましたね。

私が勝手に想像していた終わりは、

奥さんがお腹の子と一緒に犠牲になって、

夫であるケントを助けるのかな、なんて思ってたんですけど、

そんな妄想は木っ端みじんとなりましたとさ。

 

 

評価★3の理由

上記でも書きましたが、子供・犬が被害に遭うのは、気分が悪いです。

本作品を鑑賞する前に、R指定作品ですし、

「確実にグロい」と覚悟を決めて観ましたが、後味が悪い。

中だるみもなく、イライラせず鑑賞できましたが、

1回の鑑賞で満足したので、星3つの評価にしました。

 

 

まとめ

善人が救われない姿を観るのは辛すぎる。

それでは。

 

 

 

オススメの記事

ピエロに扮した主人公が登場するオススメ映画↓ 

 

ポジティブに変身するオススメ映画↓