vitaminbooのboolog

映画の感想メインのブログ

【映画】「50回目のファースト・キス」感想ネタバレなし

2019-12-20 修正しました

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「50回目のファースト・キス」の感想を書きます。

 

 

 

50回目のファースト・キス (字幕版)

評価:★★★★★(星5)

 

 

目次

 

スタッフ

監督

 ピーター・シーガル

脚本

 ジョージ・ウィング

製作総指揮

 ダニエル・ルピ

 マイケル・ユーイング

 ジェイ・ローチ

製作

 ジャック・ジャラプト

 スティーブ・ゴリン

 ナンシー・ジュボネン

撮影

 ジャック・N・グリーン

音楽

 テディ・カステルッチ

編集

 ジェフ・ガーソン

衣装デザイン

 エレン・ルッター

 

出典:https://eiga.com/movie/52562/

 

 

キャスト

ドリュー・バリモア

アダム・サンドラー

ロブ・シュナイダー

ショーン・アスティン

ダン・エイクロイド

ルシア・ストラス

エミー・ヒル

ブレイク・クラーク

 

出典:https://eiga.com/movie/52562/

 

 

ストーリー

常夏のハワイの小さな島。行きつけのカフェ、フキラウ・カフェで朝食をとるルーシー(ドリュー・バリモア)に、男が声をかけてきた。シーライフ・パークで動物たちの面倒を見るプレイボーイの獣医ヘンリー(アダム・サンドラー)だ。ルーシーの大好きなワッフルや海洋生物について話すうち意気投合した2人は、翌朝もカフェで一緒に朝食を食べようと約束する。翌日、ルーシーの前に約束通りヘンリーが現れるが、彼女はなぜか冷たい態度をとって他人のふり。混乱するヘンリーに、カフェのオーナーがルーシーの抱える病気について教えてくれた。1年前の10月、ルーシーは交通事故に遭い、その後遺症で記憶障害になってしまったのだ。短期の記憶を保持することができず、一晩寝ると前日起きたことを全部忘れてしまうという。父親のマーリンと弟のダグ(ショーン・アスティン)の影ながらの努力もあって、彼女は毎日、そうとは知らずに同じ一日を繰り返し生きていた。ルーシーにすっかり恋してしまったヘンリーは、この日を境に恋のアプローチを開始する。毎日、彼女との初対面から始め、少しだけ心が通じたり、フラれたりの繰り返し。それでもヘンリーはメゲずに、ルーシーの笑顔見たさにアプローチを続ける。そんなある日、ルーシーに変化が起こる。毎朝ヘンリーのことは忘れてしまっているはずなのに、彼と話した日は楽しそうに両親の思い出の曲『Wouldn't It Be Nice』を歌うようになっていた。記憶の深いところでは、ヘンリーに好意を抱きその想いは持続しているのか…。ある日、ルーシーはハプニングで、時間が一年間自分の中で止まったままなことを知る。マーリンとダグは、こんな時いつも行く病院にルーシーを連れて行く。主治医のDr.キーツ(ダン・エイクロイド)から「あなたの記憶障害は一生治る見込みはない」と、衝撃的な事実を告げられたルーシーはショックを受けるが、翌日には忘れてしまう。ヘンリーは、毎日がお膳立ての繰り返しであるルーシーの人生を変えるため、病気の事実と愛の告白を綴ったビデオを作る。以来、ルーシーの一日はヘンリーの告白ビデオを見てから始まることになった。ビデオを見た直後は絶望の淵に追い詰められるが、心からの愛の言葉を語り続けてくれるヘンリーの優しさと深い愛に触れ、毎日毎日、彼と恋に落ちるルーシー。一日も欠かすことなくヘンリーとデートをし、最高のファースト・キスを重ねていく幸せな日々が続いた。そんな幸せの絶頂の中、ルーシーは、ヘンリーがセイウチの生態研究の為にアラスカに行く夢を、自分のために断念したことを知る。ルーシーは、「私と一緒にいたら彼の未来はない」と思い、自分が愛する人の重荷にならない為、別れを決意するが……。

 

出典:https://eiga.com/movie/52562/

 

2018年、日本でリメイクをされたほどの人気作品です。

 

 

映画の詳細情報

2004年製作/99分/アメリカ

原題:50 First Dates

配給:ソニー・ピクチャーズ

 

出典:https://eiga.com/movie/52562/

 

 

優しさに溢れた人たち

ルーシーは事故に遭ってから、短期記憶障害を抱えています。

 

それが、ルーシーの日常生活を始め、

ヘンリーとの関係にも障害を与えてしまうんです。

 

 

ルーシーの周りには、優しさに溢れた人たちがたくさんいます。

 

ルーシーのために行動してくれる人たちがたくさんいるんです。

 

おそらく、ルーシーは事故に遭う前から優しい女性なのでしょう。

 

周りの人たちが彼女の優しさに応えたい、という気持ちでいるからこそ、

周りの人たちの助けが成立するのかな、と思いました。

 

ルーシーが、周りの人たちを動かすほどの優しさを持つ女性だからこそ、

ヘンリーをプレイボーイから一途な人に変えられたのかなと思いました。

 

 

ルーシーの暴力

ロブ・シュナイダーさん演じるウーラ。

 

ウーラはヘンリーの友達。

 

そんなウーラがある理由で、ルーシーにバットで

ボコボコにされるシーンがあるんですけど、大爆笑もんです。

 

笑顔が素敵なルーシーなんですけど、

ウーラをボコボコにする姿は、ギャップもあり誰もが笑うシーンかと思います。

 

 

記憶障害を抱える人たち

ルーシー以外にも、記憶障害を抱える人たちが出てきます。

 

中には、10秒しか記憶が持たない男性が作中登場します。

 

もし現実にも上記の方が実在すれば「大変だな」と思い、

気持ちが重くなる映画、だと思われるかもしれません。

 

ですが、登場人物たちのコメディなシーンがたくさんあるので、

そんなに気持ちは重くなりません。

 

なので、サクッと鑑賞できるので、オススメな作品です。

 

 

まとめ

人は一人で生きられない。

それでは。

 

50回目のファースト・キス (字幕版)

50回目のファースト・キス (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video