vitaminbooのboolog

映画の紹介・感想をメインに。 たまに、音楽、ドラマ、雑談を。

【映画】「ボヘミアン・ラプソディ」感想ネタバレなし

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「ボヘミアン・ラプソディ」の感想を書きます。

 

 

評価:★★(星2)

評価について - vitaminbooのboolog

 

目次です

 

どんなストーリー?

バンド「Queen」の伝記映画です。

 

気分が上がった瞬間 

ラミ・マレックさん演じるフレディ・マーキュリー(以下、フレディさん)。

フレディさんが洋服屋に行くシーンで

CreamのSunshine Of Your Loveがかかるんです。

この瞬間だけ、気分が上がりました。

なんでしょうね・・・

映画の中で、好きな曲が流れた時の気分の上がりようは癖になってしまいます。

 

Cream - Sunshine Of Your Love (HD) - YouTube

 

Queenを好きではないことを再確認

夫と鑑賞しました。

夫はQueenのアルバムを持っていたほど、Queenが好きでした。

 

鑑賞後、夫が・・・

 

バリカンで坊主頭に丸刈りにした男の子のイラストです。

「曲を作っているシーンは面白かった。

ライヴエイドのパフォーマンスが口パク感満載だった。

それで引いちゃったな・・・」と。

鑑賞前は、「配信コンテンツを買っちゃうかも」なんて

ウキウキしていた夫が、鑑賞後げんなりしていました。

 

私は、Queenに対しては、何の感情も抱いていない人間です。

嫌いでも好きでもなく・・・。

パフォーマンスを観たり、曲を聴いたことはあります。

作品を鑑賞後もこの感情は変わりませんでした。

 

Queenが大好きな方は、自分が好きなバンドの背景を知り、

バンドの知識が深められるので、この映画に満足できるかと思います。 

Queenファンじゃない私が、観る作品ではなかったのだと思いました。 

 

知らぬが仏

作品を観る前、フレディさんのことを

Queenのヴォーカルで、堂々としたパフォーマンスで

カリスマ性がある人なんだろうな、という印象をもっていました。

しかし、鑑賞後、カリスマ性とは正反対で、

寂しがり屋の女々しい人、というのに

フレディさんの印象は変わってしまったのです。

この作品は、「どんな人でも頑張ってるんだよ」と

言いたかったのかもしれませんが・・・。

この作品を鑑賞しなければ、

「フレディさんはカリスマ性のある人」

という印象のままだったので、知らなくて良いこともあるんですね。

 

まとめ 

知らぬが仏な作品でした。

それでは。

 

参考サイト

1、映画『ボヘミアン・ラプソディ』オフィシャルサイト| 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント

2、https://gimon-sukkiri.jp/shiranuhotoke/