vitaminbooのboolog

映画の紹介・感想をメインに。 たまに、音楽、ドラマ、雑談を。

【映画】「シンデレラ」の感想ネタバレなし

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「シンデレラ」の感想を書きます。 

 

 

評価:★★(星2)

評価について - vitaminbooのboolog

 

目次です

 

どんなストーリー?

童話「シンデレラ」の実写映画です。

超有名なお話の実写化なので、

説明するまでもないですが・・・

 

リリー・ジェームズさん演じるエラ(以下、シンデレラ)。

継母と継母の娘からのいじめに負けず、

シンデレラが玉の輿に乗って救われるお話です。

 

ガスの活躍が描かれず残念・・・

自分の中で「シンデレラ」とは、

ディズニーアニメ版「シンデレラ」を真っ先に思い出します。

子供の頃にレーザーディスクで鑑賞していました。

ディズニーアニメ版「シンデレラ」で大好きなシーンがあります。

そのシーンは、太ったネズミのガスが、

ティカップに逃げ込んで・・・というものです。

そのシーンを涙を流し、爆笑しながら見ていました。

「残酷なクソガキだったんだな」と当時を思い出しました。

 

 

どんなシーンなのか、詳しく説明すると・・・

ガスは敵に追い込まれるんです。

とりあえず、ティカップに入って、敵がいなくなるのを待ちます。

ですが、ガスがティカップに入っている、

というのに敵が気づかずに、

紅茶をガス入りのティカップに注ごうとするんです。

紅茶を注ごうとするんですけど、

やけどしたくないガスはどうしたのか、というと、

冷や汗をダラダラ流し、ガクガク震えながら、

ぽっこりお腹を極限までへこますわけです。

結局、紅茶はティカップに注がれて、

ガスはやけどをして逃げるんですけど、

この一連がめちゃくちゃ面白いんです。

 

金縁のおしゃれなティーセットのイラストです。

 

この傑作シーンを実写版「シンデレラ」で

再現されているだろう、とワクワクしていたんです。

しかし、実写版「シンデレラ」では再現されておらず。

 

アニメ版のガスのシーンを実写化したら、

いくらCGであっても、「動物虐待が連想される!!」と

めちゃくちゃ怒られてしまうのは勿論分かります。

でも、観終わった後、なぜか寂しかったです。

ということで、★を3つ下げました。

 

まとめ

実写版って難しいですね。

それでは。

 

参考サイト

1、シンデレラ (2015年の映画) - Wikipedia

2、シンデレラ|映画/ブルーレイ・デジタル配信|ディズニー|Disney.jp |