vitaminbooのboolog

映画の感想メインのブログ

【映画】「シンプル・シモン」感想ネタバレあり

 2019-10-02 修正・追記しました

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「シンプル・シモン」の感想を書きます。 

ネタバレありです。

ネタバレが嫌な方は、ご退室下さい。

 

シンプルシモン(字幕版)

評価:★★★★★(星5)

 

目次

 

スタッフ

監督・脚本・製作

 アンドレアス・エーマン

脚本・製作

 ヨナタン・シェーベルイ

製作

 ボニー・スクーグ・フィーニー

製作総指揮

 ピーター・ポスネ

撮影

 ニクラス・ヨハンソン

音楽

 ヨセフ・トゥールセ

美術

 サンドラ・リンドグレン

衣装

 カサンドラ・コルネリオ

メイク

 リンダ・スコーグ

照明

 ヨン・ストランド

編集

 アンドレアス・エーマン

 ミカエル・ヨハンソン

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0018780

 

 

キャスト

ビル・スカルスガルド

マルティン・ヴァルストロム

セシリア・フォッシュ

ソフィー・ハミルトン

ロッタ・テイレ

イングマール・ヴィルタ

クリストフェル・ベルイルンド

ジミ・エドルンド

スサンネ・トールソン

マッツ・クヴィストレム

ペール・アンデション

リンダ・スコーグ

ペトラ・ニィランデル

サンネ・ミカエルスドッテル

シリ・ヨットン・ワグネル

アンドレアス・ニルソン

ヨナタン・シェーベルイ

アンドレアス・エーマン

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0018780

 

 

ストーリー

気に触ることがあると、ロケットに見立てたドラム缶にこもって、宇宙へと飛び立つ想像にふけるアスペルガー症候群のシモン(ビル・スカルスガルド)。そんなシモンを理解する兄のサム(マルティン・ヴァルストロム)は、恋人フリーダ(ソフィ・ハミルトン)と暮らす新居に彼を迎え入れて共同生活を送ることに。しかし、遠慮せずに自分の生活ペースを事細かく守ろうとするシモンに嫌気が差したフリーダが出ていってしまう。落ち込むサムの姿に心を痛めたシモンは、彼にぴったりでパーフェクトな恋人を探し出そうとする。

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0018780

 

  

自分の殻をぶち破る男、シモン

シモンは、分単位で毎日同じスケジュールで行動しないとパニックになってしまう。

でも、そんなシモンが大好きなサムのために頑張るんです。

 

シモンはまず、知らない女性にガンガン声をかけて、

女性に質問をバンバンしていきます。

そして、サムと相性が合うであろう女性のリストを作成。

でも、サムの指摘で、作成リストは却下。

 

そこから、セシリア・フォッシュさん演じる

イェニファーと交流を深めていきます。

 

バルコニーでイェニファーと会話するところで、

シモンはイェニファーを好きになったのかもしれません。

シモンは自覚していないかもしれませんが。

 

 

サムとイェニファーをデートさせるために、

シモンは強制的にデートをセッティング。

今まで、SF映画しか

観なかったシモンが恋愛映画を観て、

ロマンチックとは何かを勉強したり、

現金をつくるために、

大事なドラムセットを売ったり・・・

自分を変える行動をするんですよね。

「サムよりも937倍ダメ男」と自分を卑下するシモンですが、

イェニファーを想う気持ちがシモンのガチガチに決まった行動を

変えられたのかな、なんて思いました。

そして、シモンは「触れられる」ようになったのだと思いました。

 

 

弟思いの良い奴、サム

サムは、弟思いの良い奴なんです。

両親がシモンと同居できなくなり、シモンがサムの家に移住するんです。

良い奴だからこそ、シモンとの生活を優先してしまい、

恋人に振られてしまうのです。

 

 

イライラさせる両親

この作品には、基本、良い人しか出ません。

ただ・・・シモンとサムの両親にはイライラします。

両親がシモンと上手く生活できないから、

サムが苦しんでしまうんですよ。

 

(両親がシモンと上手く生活できていたら、

この映画は成立しないんですけどね・・・)

 

障害を抱えていない子供とすら、

上手く交流できていない親もいると思います。

ましてや、障害を抱えている子供と

ストレスなく交流できている親は少ないかもしれません。

長い間、両親なりにシモンとのコミュニケーションに試行錯誤した結果、

「母親は叫ぶ、父親は金で解決しようとする」に至ったのかもしれません。

でも!

両親が上手くシモンと生活できていないから、サムに負担が来てしまったんです。

サムが自分の生活を犠牲にしなくてはいけなくなってしまったのです。

色々、両親の視点で考えてみたけど、

やっぱり両親に対しては、イライラしてしまいます。

 

 

イェニファー、尊敬

イェニファーは、道端でシモンと出会う女性です。

最初は、「個性的で強引な女性だなー」なんて自分は思いました。

でも、シモンとコミュニケーションをとっていく中で、

イェニファーは、相手に合わせて会話ができる人間だと気付きました。

 

マンホールを踏みそうになったシモンとのシーン、

シモンとバルコニーで会話するシーンでそう思いました。

 

相手に合わせて会話する、って難しいですよね。

(私だけかもしれませんが・・・。)

相手の立場になって会話するのって、

自分が話すことと、相手に伝わる話し方、

この2つを同時に考えないといけません。

 

相手に合わせつつ、自分の考えを相手がストレスを感じず伝えられる。

頭の回転の早い女性だと思いました。

尊敬します。

 

 

まとめ

人を大切に想う気持ち、

相手を理解しようとする姿勢があれば、

コミュニケーションは上手くいく・・・かも。

それでは。

  

シンプルシモン(字幕版)

シンプルシモン(字幕版)

 

 

 

オススメの記事

不器用な主人公が頑張るオススメ映画↓

 

自分の殻をぶち破る主人公のオススメ映画↓