vitaminbooのboolog

映画の感想メインのブログ

【映画】「イコライザー」感想ネタバレあり

2019-12-16 修正しました

 

皆さん、こんにちわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「イコライザー」の感想を書きます。

ネタバレありです。

ネタバレが嫌な方は、ご退室下さい。

 

 

イコライザー (字幕版)

評価:★★★★(星4)

 

  

目次

 

スタッフ

監督

 アントワン・フークア

製作

 トッド・ブラック

 ジェイソン・ブルメンタル

 デンゼル・ワシントン

 アレックス・シスキン

 スティーブ・ティッシュ

 メイス・ニューフェルド

 トニー・エルドリッジ

 マイケル・スローン

製作総指揮

 エズラ・スワードロウ

 デビッド・ブルームフィールド

 ベン・ワイスブレン

原作

 マイケル・スローン

 リチャード・リンドハイム

脚本

 リチャード・ウェンク

撮影

 マウロ・フィオーレ

美術

 ナオミ・ショーハン

衣装

 デビッド・ロビンソン

編集

 ジョン・ルフーア

音楽

 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

 

出典:https://eiga.com/movie/78782/

 

 

キャスト

デンゼル・ワシントン

マートン・ソーカス

クロエ・グレース・モレッツ

デビッド・ハーバー

ビル・プルマン

メリッサ・レオ

ヘイリー・ベネット

 

出典:https://eiga.com/movie/78782/

 

  

ストーリー

元CIAエージェントのマッコールは、いまはホームセンターで働く、ごく普通の真面目な人間として生活していた。しかし、ある夜、なじみのカフェで娼婦の少女テリーと出会い、彼女を囲うロシアンマフィアの非情さに、内に眠っていた正義感が目を覚ましていく。かつてのマッコールは、身のまわりにあるあらゆる物を武器に変え、警察では解決できない不正をこの世から瞬時に消してしまう「イコライザー」と呼ばれる男だった。マッコールはテリーとの出会いから、再びイコライザーとしての仕事を遂行していく。

 

出典:https://eiga.com/movie/78782/

 

R指定作品ではないものの、人の殺され方が生々しいです。

なので、観る人を選ぶと思われるので、星を1つ減らしました。

 

 

映画の詳細情報

2014年製作/132分/PG12/アメリカ

原題:The Equalizer

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

出典:https://eiga.com/movie/78782/

 

 

スカッとする

敵であるロシアンマフィアが、とことん極悪非道なんです。

 

そんなロシアンマフィアをデンゼル・ワシントンさん演じるマッコールが

じわじわと確実に潰していくさまは「ざまあみろ!」ってスカッとします。

 

しかも、マッコールは格闘でめちゃくちゃ強いです。

 

たまに攻撃を食らってしまうことはありますが、

そんなときはドアノブを熱して、患部に押し当ててチャラにします。

 

 

ホームセンターって本当に危険

マッコールにかかれば、ホームセンターは武器の宝庫になります。

 

ロシアンマフィアの中ボスを倒すシーンを見て、

「なんてカッコイイんだ!」なんてマッコールに惚れた自分ですが、

ふと思ったんですよ。

 

「マッコールが使ってた武器は、ホームセンターで販売されてるもの・・・

ホームセンターって危険なんだな・・・」と。

 

変に納得しちゃいました。

 

 

ボスもぶっ潰す

最後には、ロシアのボスのところまで行って、ぶっ潰します。

 

とことん潰していくマッコール。

 

マフィアのボスまで倒す映画を私は観たことがないです。

 

マッコールを敵に回さないためにも、毎日真面目に生きます。

 

 

まとめ

ホームセンターでマッコールに出会ってしまったら最期。

それでは。 

 

イコライザー (字幕版)

イコライザー (字幕版)

  • 発売日: 2015/02/11
  • メディア: Prime Video