vitaminbooのboolog

映画の感想メインのブログ

【映画】「チャーリーとチョコレート工場」感想ネタバレあり

2019-12-16 修正しました 

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「チャーリーとチョコレート工場」の感想を書きます。

ネタバレありです。

ネタバレが嫌な方は、ご退室下さい。

 

 

チャーリーとチョコレート工場 (字幕版)

評価:★★★★★(星5)

 

 

目次

 

スタッフ

監督

 ティム・バートン

製作

 ブラッド・グレイ

 リチャード・D・ザナック

製作総指揮

 マイケル・シーゲル

 ブルース・バーマン

 グレアム・バーク

 フェリシティ・ダール

 パトリック・マコーミック

原作

 ロアルド・ダール

脚本

 ジョン・オーガスト

撮影

 フィリップ・ルースロ

美術

 アレックス・マクダウェル

編集

 クリス・レベンゾン

音楽

 ダニー・エルフマン

 

出典:https://eiga.com/movie/1032/

 

 

キャスト 

ジョニー・デップ

フレディ・ハイモア

デビッド・ケリー

ヘレナ・ボナム・カーター

ノア・テイラー

クリストファー・リー

アナソフィア・ロブ

 

出典:https://eiga.com/movie/1032/

 

 

ストーリー

ジョニー・デップ扮する怪しいチョコレート工場主ウィリー・ウォンカが、黄金のチケット入りのチョコレートを買った子供5人を工場見学にご招待。貧しいが純真な少年チャーリーはじめチケットを手に入れた5人の少年少女たちは、チョコレート工場に招かれて奇妙な体験をしていく。

 

出典:https://eiga.com/movie/1032/

 

 

映画の詳細情報

2005年製作/115分/アメリカ

原題:Charlie and the Chocolate Factory

配給:ワーナー・ブラザース映画

 

出典:https://eiga.com/movie/1032/

 

 

チャーリー

チャーリーは、ジョニー・デップさん演じるウォンカの

工場見学に招待される子供の一人です。

 

最後には、ウォンカから工場長の継承を提案されるんですけど、

家族を優先して、その提案を断るんです。 

 

自分の信念を持っている男の子なんです。

 

まっすぐ目を見て自分の思いを伝えられる。

 

彼を見ていて、清々しい気持ちになります。

 

 

ウンパ・ルンパ

ルンパランドという国の人たちで、ウォンカが信頼している人たちです。

 

ウンパ・ルンパは、工場にたくさんいるんですけど、

みんな男女問わず、顔がおっさんです。

 

自分の仕事に、真面目に取り組んでいて愛嬌たっぷりのキャラクターです。

 

彼らがミュージカル調に歌を歌うんですけど、

少し異様な雰囲気で、何回も見たくなる程クセになります。

 

 

ウォンカ、父親と再会

このシーンは、涙なしには観れません。

 

ウォンカがチョコレート店を開きたい、

と少年時代に父親にいうんですけど、父親は反対するんです。

 

それで、ウォンカは家を出て行って、そこから父親と会っていないんです。

 

ウォンカは、それが気がかりで落ち込んでしまって、

創作意欲がなくなってしまいます。

 

「ヤバイ!」と思ったウォンカは、チャーリーの後押しもあり、

ウォンカは父親に会いに行きます。

 

家には、ウォンカが活躍している記事が大事に保管されている場面があります。

 

その場面を見て、父親は息子(ウォンカ)のことが心配で、

反対していたんだと分かるんです。

 

ウォンカと父親はハグをして、愛情を確かめ合うんです。

観る度に感動で泣きそうになります。

 

 

まとめ

ウンパ・ルンパがかわいい。

それでは。 

 

チャーリーとチョコレート工場 (字幕版)

チャーリーとチョコレート工場 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video