vitaminbooのboolog

映画の紹介・感想をメインに。 たまに、音楽、ドラマ、雑談を。

【映画】「グレイヴ・エンカウンターズ】の感想ネタバレなし

 

皆さん、こんにちわ

vitaminbooです。

 

暑くなってきて、

ホラー映画が恋しくなる季節に

なりました。

 

そこで

「グレイヴ・エンカウンターズ」を

鑑賞しました。

 

大分前に観たので、今回は復習です。

 

 

どんなストーリー?

テレビ番組の撮影隊が

精神科病院の廃墟に行って、

心霊現象を撮影しに行ったら

ヤバかった、っていう話です。

 

 

登場人物は、撮影隊の5人です。

 

撮影隊のリーダーみたいなのが、

ハングリー精神の塊です。

 

オバケ撮ったら、金持ちになれるぜ!!

なんて思ってます。

 

オバケを完全になめてますね。

 

 

f:id:vitaminboo:20190626231616p:plain

 

 

 

映像が不気味

 

お話の進行具合はゆっくりです。

 

せっかちな私には、途中退屈になります。

 

ただ・・・映像が終始不気味です。

 

だからなのか、なんとなく観てしまうんですよ。

 

「そろそろオバケが出るかも・・・」

なんてハラハラしながら観ちゃうんです。

 

ちなみに、撮影方法はPOV方式で

画面の揺れが激しいです。

 

主人公たちが持っている

カメラの視点が多いです。

 

船酔いする方は、観ない方が

良いかもしれません。

 

 

f:id:vitaminboo:20190626233830p:plain

 

 

 

特に嫌な場面が、

主人公たちが後ろを

振り返る時なんです。

 

振り返った瞬間に

オバケが立っているんじゃないか?

って、ビビりの私は思ってしまうんですよ。

 

「もう後ろを振り返るな!」

とその瞬間、主人公たちに殺意を覚えました。

 

 

廃墟に行っちゃダメ

 

いつも思うのが、

この類のホラー映画って、

遊び半分で廃墟とか心霊スポットに行って、

オバケにこっぴどく怒られますよね。

 

この作品の主人公たちは

仕事で廃墟に行っているので、

お遊びではないのかもしれませんが、

オバケをからかっていると

思われても仕方ないですよ。

 

 

f:id:vitaminboo:20190626232519p:plain

 

 

廃墟に行く目的は、

オバケが見たいから・・・

 

オバケって、元は生きてた人間ですよね。

 

私は、

廃墟はオバケの家

だと思ってるんです。

 

自分の家に知らない人が入ってきて、

「姿を見せろ、音を出して存在を示せ」

なんて言われたら

「ハ?何言っちゃってんの?」

って思いますよね。

 

ちなみに、ハングリー精神の塊の

リーダーも「姿を見せろ」なんて

言ってました。

 

そりゃ、呪われますよ。

 

失礼な事をしてるんですもの。

 

バチが当たりますよ。

 

 

まとめ

廃墟という名のオバケの家に

勝手に入ったらダメです。

 

そんな教訓を心に刻んだ作品でした。

 

それでは。