vitaminbooのboolog

映画の感想メインのブログ

【映画】「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」感想ネタバレあり

2019-11-19 修正しました

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の感想を書きます。

ネタバレありです。

ネタバレが嫌な方は、ご退室下さい。

 

評価:★★★★★(星5)

  

目次

 

スタッフ

監督・脚本

 マシュー・ヴォーン

製作・ストーリー

 ブライアン・シンガー

製作

 ローレン・シュラー・ドナー

 サイモン・キンバーグ

 グレゴリー・グッドマン

製作総指揮

 スタン・リー

 タルキン・パック

脚本

 ジェーン・ゴールドマン

撮影監督

 ジョン・マシソン

プロダクションデザイナー

 クリス・シーガーズ

編集

 リー・スミス

 エディ・ハミルトン

音楽

 ヘンリー・ジャックマン

ビジュアル・エフェクト・スーパーバイザー

 ジョン・ダイクストラ

衣裳デザイナー

 サミー・シェルドン

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0010184

 

 

キャスト

ジェームズ・マカヴォイ

マイケル・ファスベンダー

ローズ・バーン

ジャニュアリー・ジョーンズ

オリヴァー・プラット

ニコラス・ホルト

ルーカス・ティル

ゾーイ・クラヴィッツ

ジェニファー・ローレンス

ジェイソン・フレミング

ケヴィン・ベーコン

キャレブ・ランドリー・ジョーンズ

エディ・ガテギ

アレックス・ゴンザレス

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0010184

 

 

ストーリー

裕福な家に生まれ、名門大学に通うチャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)は強力なテレパシーを使うことができるミュータントだったが、自分と同じような能力を持つ者の存在に気付き始めていた。やがて強力な磁力を発生させ、金属を自在に操ることのできるエリック(マイケル・ファスベンダー)と出会う。彼らは親友となり、自分たちと同じような若者たちを探し始めるが……。

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0010184

 

 

感想 

以下の「人間」という表現は、超能力をもたない人、という意味とします。

 

X-MENのメンバーは、人間のために平和のために奮闘します。

 

でも、あることがきっかけで、人間と友好関係を築きたいメンバーと、

人間を敵視するメンバーに別れてしまうんです。

 

その、あるきっかけというのは・・・

ロシアとアメリカが戦争を始めようとしたところで、

X-MENのメンバーが、その戦争を止めるために超能力を使う、というシーンです。

 

超能力を使うX-MENの姿を人間が見て、超能力をもつ人たちがいる、

ということが公になります。 

 

そこで、ロシアとアメリカは、

「俺たち戦争してる場合じゃない!!X-MEN怖い!!!」っていうことで、

人間のために奮闘しているX-MENに対して攻撃をするんです。

 

このシーンを見て、なんて悲しいんだろう、と思いましたね。 

 

それまで敵対していた人間たちが、お互い怖いと感じる相手が現れたら、

仲間意識が生まれ、共通の敵が生まれ、そこから人間同士が仲良くなる。

 

共通の敵がいなければ、人間はお互いに仲良くなれないのでしょうか。

 

現実世界でも、紛争だったり、差別がありますが、

人間ではない別の何か、が出現すれば、

人間同士は仲良くなれるのでしょうか。

 

この映画を観て、人間の愚かさに気付かされ、

自分たちの力で、人間同士が仲良くできないなんて、

悲しい世界だな、と思いました。

 

 

まとめ

本当の平和は来るのか。

それでは。

 

 

 

オススメの記事

笑顔になれるオススメ映画↓

 

愛に溢れたオススメ映画↓