vitaminbooのboolog

映画の感想メインのブログ

【映画】「死霊館」感想ネタバレなし

2019-11-19 修正・追記しました

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「死霊館」の感想を書きます。

 

評価:★★殿堂入り★★

 

目次

 

スタッフ

監督

 ジェームズ・ワン

製作

 トニー・デローザ=グランド

 ピーター・サフラン

 ロブ・コーワン

製作総指揮

 ウォルター・ハマダ

 デイブ・ノイスタッター

脚本

 チャド・ヘイズ

 ケイリー・W・ヘイズ

撮影

 ジョン・R・レオネッティ

美術

 ジュリー・バーゴフ

編集

 カーク・モッリ

音楽

 ジョセフ・ビシャラ

 

出典:https://eiga.com/movie/77928/

 

 

キャスト 

ベラ・ファーミガ

パトリック・ウィルソン

ロン・リビングストン

リリ・テイラー

ジョーイ・キング

シャンリー・キャズウェル

ヘイリー・マクファーランド

マッケンジー・フォイ

カイラ・ディーバー

スターリング・ジェリンズ

 

出典:https://eiga.com/movie/77928/

 

 

ストーリー

1971年、アメリカ・ロードアイランド州に建つ一軒家に、両親と5人の娘たちが引っ越してくる。古ぼけてはいるが広々とした夢のマイホームに沸き立つ一家だったが、奇妙な現象が次々と発生。娘たちに危害が及んだことから、一家は心霊学者のウォーレン夫妻に助けを求める。夫妻が周囲の土地を調べると、恐るべき血ぬられた歴史が明らかになり、夫妻は一家を救おうと館に巣食う邪悪な者に立ち向かうが・・・。

 

出典:https://eiga.com/movie/77928/

 

 

なめてました・・・ 

劇場公開当時、平日の夜に映画館にひとり寂しく、

観に行ったのを覚えています。

 

観る前は、「どうせ海外ホラーなんて脅かす、グロい、

キャーキャー叫ぶだけで怖くない」なんて、なめてましたが、

観た後は、心臓バクバクでめちゃくちゃ怖かったです。

 

平日の夜だったので、お客さんも自分を含めて4~5人ぐらいで・・・

すごく心細かったのを覚えています。

 

 

不気味なシーン  

不気味なシーンのオンパレード・・・

一番不気味だったのは、リリー・テイラーさん演じる

キャロリン・ペロンと娘が自宅にて、

鬼が目隠しをした隠れんぼみたいな遊びをしているシーンです。

 

クローゼットからすーっと出てくる手が不気味でしょうがないです。

 

実際に鑑賞してみてほしいです。

 

このシーンは、頭から離れないです。

 

 

家族愛 

本作品は、ただただ不気味なだけではないんです。

 

家族愛がテーマなんです。

 

一家に対して、悪さをするおばけがいるんですが、

家族を想う気持ちを武器に、キャロリンがそのおばけと戦うんです。

 

その戦うシーンは涙なしでは観れません。

 

そのシーンまでは、ひたすら不気味なシーンを観せられるので、

そこで感動シーンが来ると緊張の糸が切れて

涙もろくなってしまうんですかね。

 

 

まとめ

「泣きたい!けど、感動映画に飽きた!」

という方は、この作品を観て思う存分、泣いてください。 

それでは。 

 

 

 

オススメの記事

感動するホラー映画でオススメ↓

 

不気味な映画でオススメ↓