vitaminbooのboolog

映画の感想メインのブログ

【映画】「シャザム!」感想ネタバレあり

2019-11-18 修正しました

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「シャザム!」の感想を書きます。

ネタバレありです。

ネタバレが嫌な方は、ご退室下さい。

 

 

 評価:★★★★★(星5) 

 

目次

 

スタッフ

監督

 デヴィッド・F・サンドバーグ

製作

 ピーター・サフラン

脚本・原案

 ヘンリー・ゲイデン

原案

 ダーレン・レムケ

撮影

 マキシム・アレクサンドル

美術

 ジェニファー・スペンス

編集

 ミシェル・オーラー

衣装

 リア・バトラー

音楽

 ベンジャミン・ウォルフィッシュ

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0023716

 

 

キャスト

ザカリー・リーヴァイ

マーク・ストロング

アッシャー・エンジェル

ジャック・ディラン・グレイザー

ジャイモン・フンスー

フェイス・ハーマン

グレイス・フルトン

イアン・チェン

ジョバン・アルマンド

マルタ・ミランス

クーパー・アンドリュース

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0023716

 

 

ストーリー

思春期を迎えたビリーは、魔術師にヒーローの才能を見いだされ、世界の救世主に選ばれる。「シャザム!」という言葉を唱えると、S=ソロモンの知力、H=ヘラクレスの強さ、A=アトラスのスタミナなど六つのパワーを持つ筋骨隆々のヒーローに変身する。だが、ビリー(ザカリー・リーヴァイ)の心は少年のままだった。

 

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0023716

 

 

家族愛 

スーパーヒーローものの映画で、一番好きです!

 

観る前は、ただの悪ふざけ映画だろう、なんて舐めてたんです。

 

でも、映画館での鑑賞後、アッシャー・エンジェルさん演じる

ビリー・バットソン(以下、ビリー)たちの家族愛に感動させられ、

翌週には映画館でもう1回鑑賞しちゃいました。

 

ジャック・ディラン・グレイザーさん演じる

フレディ・フリーマン(以下、フレディ)を始めとしたビリーたちの新しい家族。

 

最初は、なかなか新しい家族に馴染めたなかったビリーなんですが、

フレディとの交流だったり、生みの母親との真実を知ってから、

人を思いやる心・家族愛に目覚めるんです。

 

生みの母親との真実は、めちゃくちゃ複雑で辛い現実でしたが、

血は繋がっていなくても、自分のことを信じてくれて、

思いやってくれる人間がいるはずです。

 

血は繋がっていても、自分を大切に思ってくれない人は家族ではないんです。

戸籍うんぬんは今は無視してもらって・・・

 

お互いを思いやれる関係は、それだけで家族といって良いのかもしれないですね。

 

そんなことを気づかせてくれた作品でした。

 

 

バスを助けた後のシーン

お話とは別に注目してもらいたいのが、

フレディを演じたジャック・ディラン・グレイザーさん

(以下、グレイザーさん)の演技です。

 

ザカリー・リーヴァイさん演じるシャザムが

落下するバスを助けた直後のシーンが印象に強く残りました。

 

調子に乗ってるシャザムにフレディが喝を入れるシーンなんですが・・・

 

グレイザーさんの素晴らしい演技で、フレディの発言に説得力があって、

フレディの日常の辛い思いがビシビシ伝わってきました。

 

グレイザーさんは本作品以外にも

映画「IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。」にも出演されています。

 

 

そんなグレイザーさんの演技を観るだけどの価値はあります。

 

ぜひチェックしてみてください。

 

 

まとめ

家族って何だろう。

それでは。

 

 

  

オススメの記事 

仲間愛にほっこりさせられるオススメ海外ドラマ↓

 

兄弟愛にほっこりさせられるオススメ映画↓