vitaminbooのboolog

映画の感想メインのブログ

【映画】「シークレット・オブ・ハロウィン」感想ネタバレあり

2019-11-21 修正しました

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「シークレット・オブ・ハロウィン」の感想を書きます。

ネタバレありです。

ネタバレが嫌な方は、ご退室下さい。

 

 

評価:★(星1

 

目次

 

スタッフ

監督

 ニコラス・ベルソ

製作

 ジョン・モロイ

製作総指揮

 マイケル・ガディンスキー

 イアン・キリク

 ミック・モロイ

 ケビン・マロニー

 マーク・モリッシー

脚本

 ニコラス・ベルソ

撮影

 マーデン・ディーン

美術

 ロバート・ウェッブ

編集

 ニコラス・ベルソ

 

出典:https://eiga.com/person/91239/

 

 

キャスト

トビー・ウォレス

ガリバー・マクグラス

ミッチ・リュールマン

ジャスティン・ホルボロウ

トム・ラッセル

 

出典:https://eiga.com/person/91239/

 

 

ストーリー

高校生のコーリーは、不良仲間たちとつるんで同級生のジョナをいじめている。コーリーとジョナは子どもの頃はいつも一緒に遊んでいたが、ある出来事をきっかけに疎遠になったのだった。ハロウィンの夜、相変わらずジョナをいじめる仲間たちにうんざりしたコーリーが思わずジョナを助けると、ジョナはコーリーを闇夜の中へ連れて行く。そこには、夢とも現実ともつかない奇妙な世界が待ち受けていた。

 

出典:https://eiga.com/person/91239/

 

 

短気な自分には合わない映画

最初のシーンから思わせぶりなセリフがあって、

「不思議でしょ?面白そうでしょ、この映画!」ってドヤ顔な感じで、

ちょっと引いちゃったんですよね。

 

 

圧が強い映画
私の感想はこちら

 

 

しかも、話の進行がゆっくりで退屈なんです。

 

お話に緩急をつけるために、マリリン・マンソンとか、

激しい音楽を無理やり入れ込んでる感じも私には合わなかったです。

 

(ちなみに、マリリン・マンソンは好きですよ。)

 

Netflixでこの映画を観たんですけど、スクロールバー(?)で

各シーンをチェックしながら飛ばし飛ばし観ちゃいました。

 

映画好きとしては、あるまじき行為だと思うんですがね・・・

 

映画<自分の短気、ってなっちゃいました。

 

 

ジョナ、可哀想すぎる

この映画では、童話の「赤ずきん」を絡めながら、

トビー・ウォレスさん演じるコーリーの成長物語を描きたかったんでしょう。

 

でも、私の中で、唯一心にズドンときたのが、

ガリバー・マクグラスさん演じるジョナです。

 

スケボーをやってるだけなのにぶん殴られたり、

小学生のときにレイプに逢い、しかも当時友達だったコーリーから無視される。

 

そして、高校生最後の夜に死んじゃった・・・。

 

良いことなしですよ、ジョナ。

 

コーリーは、生きてるので、これからの人生なんとでもなります。

 

でも、ジョナは死んじゃってるので、当たり前ですけど、明るい未来はないんです。

 

未来で暗い過去を払拭しよう、なんて事ができないんです。

 

 

ただ・・・ジョナの死亡理由には同意できなかったんですよね。

 

この映画の舞台がどこの国かはわからないんですけど、

おそらくジョナはまだ飲酒して良い歳ではないんですよ。

 

 

未成年の飲酒はだめ。

 

 

でも、飲酒して、酔っ払った状態で貯水池のそばを歩いていて、

足を滑らせて頭打って、死んじゃったらしいんです。

 

自暴自棄になって飲酒しちゃったのかもしれませんが。

 

飲酒しても良い年齢、っていう設定に疑問に思うことはありますけど、

日本では20歳になってから飲酒しましょう。

 

そして、飲酒したら危険な行動はしないようにするべきですね。

 

 

まとめ

命は大事にしよう。

それでは。

 

 
 

【映画】「ある日モテ期がやってきた」感想ネタバレなし

 

皆さん、こんばんわ

vitaminbooです。

 

本記事では、映画「ある日モテ期がやってきた」の感想を書きます。

 

評価:★★★★★(星5)

 

目次

 

スタッフ 

監督

 ジム・フィールド・スミス

製作

 ジミー・ミラー

 デビッド・ハウスホルター

製作総指揮

 ジョージ・ゲイティンズ

脚本

 ショーン・アンダース

 ジョン・モリス

撮影

 ジム・デノールト

美術

 クレイトン・ハートリー

衣装

 モリー・マギニス

編集

 ダン・シャルク

音楽

 マイケル・アンドリュース

 

出典:https://eiga.com/movie/55392/

 

 

キャスト 

ジェイ・バルチェル

マイク・ボーゲル

アリス・イブ

クリステン・リッター

ジョフ・スタルツ

T・J・ミラー

ネイト・トレンス

 

出典:https://eiga.com/movie/55392/

 

 

ストーリー 

平凡な容姿の空港警備員カーク(バルチェル)は、荷物検査での忘れ物がきっかけで知り合った美女モリーからデートに誘われる。自分自身はもちろん、彼の親、友だち、元彼女までもががく然とするなか、カークは自分とは釣り合いがとれないほど高レベルな美女モリーとの愛を成就させようと奮闘するが……。

 

出典:https://eiga.com/movie/55392/

 

 

人間の評価って? 

作中、人間を10点満点で評価する、というシーンがたくさん出てきます。

T・J・ミラーさん演じるステイナーが考案したもので、基本減点方式です。

ちなみに、ステイナーはカークの親友です。

減点対象は、外見だったり、職業だったり、乗ってる車などなど。

ただ、減点を免れる方法があるんですけど、はちゃめちゃな採点方式です。

これにバカ真面目に批判させてもらうと・・・

減点方式に矛盾が生じるんです。

減点方式ではなくて、加点方式にすると、

人間は10点満点で採点できないと思うんです。

0点から人間を見るとなると、加点していくので、

採点対象者の長所を見ていくことになります。

日本で言うならば、国民の三大義務を果たしている、とか、

犯罪をしない、とか、当たり前のことだったり、

些細なことも含めれば、人間の長所は10個は挙げられるはずです。 

 

自分で例を挙げようと思ったんですけど・・・

自分の長所をここで挙げるのは恥ずかしいので、

家族である夫の良いところを挙げてみます。

 

1、聞き上手

2、愚痴・悪口を言わない

3、機転を利かせることができる

4、家事ができる

5、綺麗好き(清潔感がある)

6、怒り慣れていない

7、言葉遣いが綺麗

8、何事においても協力的な姿勢でいてくれる

9、一緒に涙を流して悲しんでくれた

10、私を笑顔にしてくれる

 

こんな感じです。

カークとかステイナーも長所を10個は挙げられると思います。

でも、自分の短所ばかり見て、長所に気づけず、

短所を基準に自分を評価してるんですよね。

 

 

短所って?

短所は自分の悪いところ、マイナスなところですよね?

自分の短所について、就職面接の練習とかで考えさせられますけど、

自分の短所って本当に短所なのかな?とたまに疑問に思うんですよ。

作中に、アリス・イブさん演じるモリーが、

自分のコンプレックスをカークに見せる、っていうシーンがあります。

カークはモリーのコンプレックスを

「そんなのがコンプレックスなの?もっとひどいのかと思った」って

呆れた感じで返答するんですよ。

でも、モリーは自分のコンプレックスに最大限の恥ずかしさを感じているんです。

このシーンみたいに、自分の短所って、人から見たら

短所じゃないかもしれないんですよね。

まぁ、短所は短所でも、切羽詰まって思い悩むぐらいではないかもしれないですよね。

だから、短所について悩んだって無意味ってことなんですよね。

 

ダラダラ書きましたけど、結局、何が言いたいのかと言うと、

人間は10点満点で評価はできない、

ステイナーの採点云々は意味がないということ。

人間にはいろんな価値観があるし、自分が短所だと思っていることが、

他人から見れば「それって短所?」と思われることもある・・・かも。

自分はもちろんのこと、人の短所ではなく、

長所に目を向けることに意味があるんだと、この映画に改めて気づかされました。

 

 

まとめ

自分の短所は、本当に短所ですか?

それでは。 

 

 

 

オススメの記事

自分の長所に気づいていない主人公のオススメ映画↓ 

 

信念を持って突き進んだ主人公のオススメ実話映画↓